ここから本文です。

ひとりはみんなのために みんなはひとりのために

たくさんの仲間がいて、共に生活しています。

朱い実保育園では0歳児産休明けから就学前までの子どもたちの保育をしています。
どの子にとっても保育園の生活が居心地のいい場所になるように、「またやってみたいなあ」「もっとしたいなあ」と思えるような保育を大切にしています。
保育園の生活では仲間と一緒に遊んだりする中でケンカやぶつかり合いなどイヤなこともあるけれど、どの年齢でも「いろんなことのやりとりを通してお互い学びあい、育ちあっていける」という保育の視点を大切にしています。
子どもたちは「大きくなりたい自分」に寄り添ってくれる大人のまなざし、友だちからの声かけや手助けをかりて「やった!」と思える自分を築いていきます。

今日のほいくえん

写真:水あそび 写真:泥遊び 写真:たこ焼き屋さん

残暑が厳しかったので、プールが終わっても水あそび、どろんこあそびが大好きな子どもたちです。
その横ではリレーごっこ(走って、タッチ交代でまた走って…)で汗を流しています。
おやつに「たこやきやさん」が開店しました。
子どもたちは手づくりチケットを片手に、匂いに誘われ買いに来ましたよ。
10月の園庭開放は10月27日(金)10時から11時です。
職員による人形劇を一緒に観てください。電話してお越しください。

寄付のご案内

朱い実保育園では、寄付を募っています。寄付申込書は以下からダウンロードしてください。