ここから本文です。

ひとりはみんなのために みんなはひとりのために

たくさんの仲間がいて、共に生活しています。

朱い実保育園では0歳児産休明けから就学前までの子どもたちの保育をしています。
どの子にとっても保育園の生活が居心地のいい場所になるように、「またやってみたいなあ」「もっとしたいなあ」と思えるような保育を大切にしています。
保育園の生活では仲間と一緒に遊んだりする中でケンカやぶつかり合いなどイヤなこともあるけれど、どの年齢でも「いろんなことのやりとりを通してお互い学びあい、育ちあっていける」という保育の視点を大切にしています。
子どもたちは「大きくなりたい自分」に寄り添ってくれる大人のまなざし、友だちからの声かけや手助けをかりて「やった!」と思える自分を築いていきます。

今日のほいくえん

写真:水遊び 写真:立て看 写真:ビワ

水遊びが楽しい季節になってきました。
小さなカップで水をすくって遊んでいましたが、この後…誰かが自分の帽子をジャブジャブ!!始めるとみんなもジャブジャブ!!ついには靴までジャブジャブ!!洗濯ごっこが始まりました♪
6月末日にはバザーがありました。保護者の方と立て看板作り、当日までの準備、本番と力を合わせて成功させましたよ!
園庭のビワが今年は豊作です。おいしくいただきました!
8月の園庭開放は8月25日(金)10時から11時です。
11じから3歳児以上の親子対象ですが、流しそうめんをしませんか?
電話してお越しください。暑いので対策(帽子・水分等)してくださいね。

寄付のご案内

朱い実保育園では、寄付を募っています。寄付申込書は以下からダウンロードしてください。